時計修理・オーバーホール専門リパラトーレのお知らせ・TOPICS

  1. トップページ
  2. »
  3. Topics > 時計修理、オーバーホールの期間について

時計修理、オーバーホールの期間について

時計を修理に出そうと考えているお客様は、出来るだけ早く、修理完了して手元に戻ってきてほしいと思われるでしょう。もちろん弊社でも、電池交換に関しましては、中2日程で完了しお戻しすることが出来ます。

 

見積り出しまで10日~14日

しかし、オーバーホールとなると話は変わってきます。弊社では、見積もり出しまで10日~14日、修理進行の指示を頂いてから約1カ月掛かります。そうなると1カ月半も時計を預けておくことになる!長い!とおっしゃる方もいらっしゃいます。

でもよく考えてみてください。オーバーホールはとても繊細な作業です。チリ一つさえ入ってはならない時計を分解して、不具合を見つけ修理するのです。そんな作業が何日かで完了してしまうでしょうか…早く出来上がれば、むしろちゃんと中まで見てくれたのか、掃除出来ているのか、時間が合うか確認したのか、不具合は全て見つけてくれたのか、等と不安になるでしょう。

 

何故10日~14日?!修理部品が手に入り難くなっています

まず見積もり出しに何故10日~14日掛かるかと申しますと、部品手配に関係してまいります。現在どんどん修理部品が手に入りにくくなっていることによって、部品の手配が海外中心になっています。部品が無く修理不可という工房も多々あるでしょう。また、手配できた部品がお客様一つひとつの時計に合うか、合わせてみなければ分かりません。その時計に合う部品を取引している工房や仕入先から手配することに努めております。部品が無いことにより、お客様の思い入れのある時計が使えなくなってしまうことが出来るだけ無いように、少し期間を頂いて部品手配をしております。

 

修理期間、オーバーホールの場合は約1カ月

次に、修理期間に関してですが、上記にありますようにオーバーホールですと約1カ月掛かります。作業内容としましては、分解し修理、組み立て、ランニングテストとなっています。ただ修理するだけではなく、組み立てた段階で時計が正常に作動するか確認する為にランニングテストを行います。テストをしていく中で不具合が見つかることもあります。そうなるとまた原因を見つけて…と、そう考えると何日かで完成するはずが無いということになりますね。

 

ご理解ください。丁寧にお仕事いたします

また、弊社はメーカーと同等の基準で修理をしております。お預かりした時計一つひとつを精査しメーカー基準に近づけて修理進行するよう心掛けています。お客様が安心して時計を預けることが出来るようこれからも日々進歩していくつもりです。

 

関連記事 時計修理,オーバーホールの豆知識

・メーカーメンテナンスとリパラトーレ金額の違い 

・時計のよくある故障

・時計修理、オーバーホールの期間について

・時計修理、オーバーホールの部品について(純正部品/ジェネリックパーツ) 

・大切な時計のトラブルを未然に防ぐ豆知識

  1. 営業時間:平日 10:00~19:00
    休  日:土日祝
  2. ■大阪本社
    〒550-0004
    大阪市西区靭本町2-4-7
    イーストエンドビル9F
    TEL:06-6448-6866
    FAX:06-6448-6867
  3. ■リパラトーレ事業部 大阪窓口
    〒550-0004
    大阪市西区靭本町2-4-7
    イーストエンドビル10F
    TEL:06-6448-6613
    FAX:06-6448-6867
  4. ■リパラトーレ事業部 東京窓口
    〒110-0016
    東京都台東区台東2丁目30-11
    ジャイロビル301
    TEL:03-5816-1234
    FAX:03-5816-0123

時計買取サイトへはこちらで