時計修理・オーバーホール専門リパラトーレのお知らせ・TOPICS

  1. トップページ
  2. »
  3. Topics > 修理事例 > オメガ > オメガスピードマスター 4時位置プッシュボタン紛失 オーバーホールでのお預かり

オメガスピードマスター 4時位置プッシュボタン紛失 オーバーホールでのお預かり

eastend 2017年4月5日 水曜日 by eastend

油が少なく汚れが見られました。ローターも機械に擦れて

4時位置のプッシュボタンが紛失している所から湿気が入り内部に曇りが出ています。

リュウズ、プッシュボタン、裏蓋のパッキン要交換状態。

ブレスの駒ピンが抜けそうな箇所1か所ありでした。

 

オーバーホールをし、切替車、バネ交換、ローター修正、

4時位置プッシュボタン(代替え)取付、駒ピンパイプ1組交換、

バネ棒2本交換、各パッキン交換、防水テストをし修理完了致しました。