時計修理・オーバーホール専門リパラトーレのお知らせ・TOPICS

  1. トップページ
  2. »
  3. Topics > 修理事例 > カルティエ > カルティエパシャ 定期オーバーホールでのお預かり

カルティエパシャ 定期オーバーホールでのお預かり

eastend 2017年4月13日 木曜日 by eastend

今回は故障での修理ではなく定期的なオーバーホールでのお預かりです。

油が切れて 汚れが多く見られました。

リュウズと裏蓋のパッキン要交換状態。

オーバーホールをし、4番車、リュウズと裏蓋のパッキン交換し修理完了致しました。¥24.000+税

定期的にオーバーホールされておりますので交換部品も少なく費用もお高くならずに修理が出来ました。

 

油が切れた状態でそのまま長期使用されますと内部に粉が吹き、部品も多数交換が必要となりますので

費用が高額になったり、もしくは修理が出来ない場合もあります。

御時計が悪くなる前に定期的なメンテナンスをオススメ致します。