故障リスクも!腕時計のバンドのサイズ調整

2017年10月4日

腕時計には必ずバンドが付いています。購入時は既定のサイズがありますが、自分の腕の大きさと合わないことも少なくありません。そこで、必要となるのが腕時計のサイズ調整です。最適なサイズ調整の方法を理解すると腕にはめたときの違和感も少なく、腕時計の着け心地もよくなります。では、サイズ調整をするときのポイントはどんなところにあるのでしょうか。腕時計のバンドやサイズ調整のポイントについてご紹介します。

腕時計のバンドの種類

腕時計にはさまざまなバンドが存在します。まずは腕時計のバンドにはどのような種類があるのかを見てみましょう。

金属バンド

金属バンドは耐久性が高くて数十年単位で使えるバンドです。ビジネスシーンからカジュアルシーンまで幅広く使えます。金属素材のため重量は重く、よくも悪くも着けている感じが強い点が特徴です。

・ステンレスバンド
光沢があって丈夫なバンドです。経年劣化も少なくて丈夫ですが、とにかく重たいというデメリットがあります。よく言えばズシリとくる重厚感は大切な腕時計のように感じるかもしれません。また、キズが付きやすいこともデメリットです。定期的にコンパウンドなどを使って磨く必要があります。

・チタン合金バンド
金属らしい光沢があって耐久性も高く軽いバンドです。金属アレルギーにもなりづらく、敏感肌の人も安心して使用できます。ただし、ステンレスより軽い代わりに光沢が弱くなってしまうのが難点です。

革バンド

革バンドは高級感があって見栄えがよいバンドです。軽さと丈夫さを両立しているだけでなく、カラーバリエーションも充実しています。フォーマルな時計との相性もよいです。ただし、汗や水分を吸収しやすいため、臭いがついたりカビが生えたりする恐れもあります。ただし、きちんとメンテナンスしていると風合いがよくなって耐用年数も長くなるため、使い勝手に優れたバンドと言えるかもしれません。

・カーフ(生後半年以内の子牛の革)
落ち着いた風合いがありますが最も安価な革バンドです。光沢感が特徴で、よく目にする腕時計のバンドになっていることも少なくありません。

・バッファロー(水牛)
カーフと似た素材ですが水牛の革バンドです。表面にはシボがあり、カーフと比べると柔らかさがあります。

・馬革(ホースレザー)
しなやかで毛穴も少ない革バンドです。丈夫なうえに経年変化によって味わいが出るため、長期間使えます。使えば使うほど光沢感も出てくるため、オーナーの愛着が出やすいバンドでしょう。

・ワニ革(クロコダイル、アリゲーター)
独自の風合いと耐久性が特徴の革バンドです。ワニ革と一目でわかる光沢感と高級感がありますが、好き嫌いは分かれるところかもしれません。

・ヘビ革(パイソン)
キメ細かい模様と美しさが特徴の革バンドです。価格もそれなりにしますが見た目の高級感もあります。柔軟性や肌触りの面でも人気は高いです。

・サメ革(シャークスキン)
表面に筋が多くて凹凸も豊富な革バンドです。希少価値が高いレザーで、高級時計に使われることも少なくありません。また、耐久性の面でも非常に優れています。

ウレタンバンド

ウレタンバンドは安価ですがメンテナンス性に優れたバンドです。革バンドと違って臭いが付かず、金属バンドよりも軽いため実用性に優れています。ただし、紫外線によってヒビが入ったりすぐに切れてしまったりするので、早めに交換するのがよいでしょう。

腕時計の最適なサイズ調整

腕時計は最適なサイズがあります。どのようなサイズ感に合わせたらよいでしょうか。ここでは、腕時計のサイズ調整のポイントをご紹介します。

金属ベルトの理想はゆったりとサイズ調整

金属ベルトの場合、腕時計はあまりピッタリと付けるべきものではありません。ゆったりサイズで着けて汗や水分を逃すのが理想的と言われています。ピタっと着いてしまうとサビや腐食の原因になるからです。バックルのあたりで人差し指が入るくらいがちょうどよいでしょう。

革バンドの理想はピッタリとサイズ調整

革バンドの場合、腕時計のサイズ調整は少しピッタリしておくとよいでしょう。少しきつめにすると着け心地もよいはずです。ただし、ゆったりサイズで着けたほうが汗や水分汚れが付きづらいという意見もあります。そのため、革バンドなら好みのサイズで着けるのがよいかもしれません。なお、ウレタンバンドやナイロンバンドも同様で、好みに合わせて調整するのがよいでしょう。

金属バンドのサイズ調整

金属バンドのサイズ調整時に失敗して修理会社へ持ち込みをした腕時計は、修理をお引き受けすることが難しいです。プロの技術なので修理を依頼したほうがよいでしょう。どのような方法でやるか、プロが行うサイズ調整の手順をご紹介します。

フリータイプの金属ベルト

1.ドライバーを使い、中留を外してスライドします。
2.腕の大きさに合わせてサイズ調整をしたら完成です。

ピンタイプの金属バンド

1.ベルトの内側にある矢印の部分にあるピンを工具で抜きます。
2.手でベルトを固定します。
3.ピンの頭に道具の先端を合わせます。
4.槌などを使ってピンを抜き出します。
5.ピンを抜いたら複数のコマを外してサイズ調整をします。
6.手でベルトを固定し、反対の手順でベルトをつないで完成です。

板バネタイプの金属バンド

1.ベルトの内側に矢印があるので、工具を当てて矢印の方向に板バネを抜きます。堅い場合は槌などで叩きましょう。
2.板バネを抜いたら、自分の腕に合わせてコマを外してサイズ調整をします。
3.槌で板バネを叩き入れ、反対の手順でベルトをつないで完成です。

ドレスタイプの金属バンド

1.腕回りに合わせて不要なコマ数を確認します。
2.突起部分を引き出してコマを外します。
3.腕のサイズに合わせてコマをつないで完成です。

バネピンタイプの金属バンド

1.細い工具を使ってバネピンを外します。
2.ピンを抜いたら腕回りに合わせ、コマをつないだら完成です。

腕時計をサイズ調整するときの注意点

金属バンドの腕時計は、サイズ調整をするときに壊れてしまう恐れがあります。腕時計が故障してしまうケースを見てみましょう。

ピンが折れてバンドのサイズ調整ができなくなる

腕時計の金属バンドのピンが折れてしまうケースです。サイズ調整ができなくなってしまいます。ピンを押し込むときは折れやすいので注意しましょう。

ピンやコマをなくしてしまう

ピンやコマは小さな部品です。ちょっと油断すると紛失してしまう恐れがあります。特に、ピンがなくなるとバンドをつなぐことができません。同じバンドを購入し直す必要があるため要注意です。

槌で機械内部を壊してしまう

槌で叩いたとき、機械内部に衝撃が加わります。腕時計はとても精密な機械です。時計の針の止まりや遅れの原因になるかもしれません。

専門工具の費用は安くない

バンドのサイズ調整はリスクが高いです。しかし、専門工具を買いそろえるのは費用が高く、かえって割高になることも少なくありません。

腕時計のバンドの種類はさまざまです。金属バンド以外のサイズ調整は簡単ですが、金属バンドの腕時計だけはバンドや時計本体が故障するリスクも少なくありません。しかし、金属ベルトのピンや機械内部を壊してしまう恐れがあります。バンド調整ひとつとっても専門的な技術が必要なので、自分で腕時計のサイズ調整をするより専門業者へ依頼したほうが安心です。もし、金属バンドの腕時計のサイズ交換をするときは、慎重を期して専門業者へ相談してみましょう。

時計修理、見積、買取

御見積の結果、ご予算より高い場合は、買取のご相談に応じます。

 

日本の中古時計は海外での評価が高く、高額買取いたします。また、時計の卸売業を展開しているため、下取りの上、卸価格にて販売することも可能です。
正式な修理お見積りご提示の際に買取のご相談承ります。
ご希望の場合は、買取金額提示希望にチェックして下さい。
コピー品、模造品のメンテナンスはお受け出来ません。

専門サイト

  • オメガ
  • ブルガリ
  • カルティエ
  • タグホイヤー
  • ガガミラノ
  • その他