時計修理・オーバーホール専門リパラトーレのお知らせ・TOPICS

  1. トップページ
  2. »
  3. Topics > 2017年 > 10月

2017年10月

BLOG更新

eastend 2017年10月31日 火曜日 by eastend

スタッフブログ更新しました!

👇 ぜひご覧ください(^o^)

http://eastend.co.jp/company/staff/category/staff_blog

instagram facebook 更新★

eastend 2017年10月27日 金曜日 by eastend

instagram facebook に記事をUPしています☺

イイネ!やフォローをお待ちしております♪

☆リパラトーレ fecebook☆↓

https://www.facebook.com/riparatore.jp/

★リパラトーレinstagram★ ↓
https://www.instagram.com/p/BXkKfpeBCeG/?taken-by=riparatore16

パテックフィリップジュネーブアンティーク 時間が合わないでお預かり

eastend 2017年10月27日 金曜日 by eastend

機械油が経年劣化及び油とび等により減少しております。

天府の振りや精度が許容範囲内に収まらないので要オーバーホール状態。

修理内容と致しましては、現状部品でのオーバーホールで修理内容完了致しました。

¥35.000- + 税 納期約3週間

アンティークの御時計は部品入手不可が殆どとなっておりますので、
現状部品でオーバーホール可能な場合修理させて頂いておりますが、精度保証や動作保証が付かない場合がございます。
 
 

★リパラトーレinstagram★ ↓
http://www.thepicta.com/user/riparatore16/3314628729
☆リパラトーレ fecebook☆↓
http://www.thepicta.com/user/riparatore16/3314628729

修理で対応!腕時計のかぶれやかゆみで困ったら

eastend 2017年10月26日 木曜日 by eastend

腕時計をしていたら、腕など肌にかゆみが出たり、かぶれたりなどの皮膚トラブルを起こしたことはありませんか。腕時計の素材によって、皮膚アレルギーの症状を引き起こすことがあるからです。皮膚アレルギーの症状が出るのはなぜでしょうか。かぶれの原因や対策についてご紹介します。

かぶれの原因

腕時計をしていて起こるかぶれの原因には、時計に使用されている素材が関係していることが多いです。皮膚が弱い人はかぶれやすいですが、皮膚が特別弱くなくても、体調などにとってかぶれを引き起こすこともあるので注意しましょう。また、自分がそういった素材に弱いということに気づかないと、かぶれを引き起こすことになります。どのような素材が皮膚トラブルを起こしやすいか、知っておきましょう。

時計の金属部分

時計の金属部分が原因となって起こるのが金属アレルギーです。接触皮膚炎と言います。金属アレルギーの場合、特定の金属に触れると赤くかぶれる、かゆみを起こすなどの症状が起こります。厳密にいうと、金属そのものが原因というより、金属と体内のタンパク質が結合し、アレルゲンができることが原因です。

時計には次のような金属が使用されています。

・ステンレススティール
鉄やクロム、ニッケルといった金属で構成され、錆びないため多くの腕時計に採用されています。なかでも「SUS316L」という種類のステンレス素材は使用頻度が高いです。錆びないステンレススティールは、最もアレルギーを引き起こしやすいと言われています。ステンレススティールに含まれるクロムは、塩化物イオンに弱く、腕に汗をかくとニッケルを溶かし、肌に触れることでアレルギーを起こすのです。

ただし、ロレックスに使用されている「SUS904L」という素材は一味違います。従来のステンレスよりも錆びにくいうえに、アレルギー反応を起こしにくいようです。

・チタン
チタンもサビに強い素材です。しかし塩化物イオンに強く簡単に溶けないので、アレルギーを起こしにくいと言われています。

・ゴールド
24金は100%純金です。そのため、変色することはなく、アレルギー反応も出ないとされています。

・プラチナ
科学的に安定性の高い素材で、アレルギー反応は出にくい素材です。

皮革バンドにも注意

金属以外のものでもかぶれやアレルギーを起こすことがあります。皮革バンドに含まれるクロムによってアレルギー反応が出るかもしれません。金属だけではなく、皮革バンドにも注意しましょう。

時計本体やバンドの汚れ

金属時計は特にバンドが汚れたままだと錆びを発生させます。チタンバンドでもピンなどに使用されているステンレススティールから錆びが発生し、それは肌を傷める原因になることがあるようです。汗をかいた後はそのままにせず、布などでふき取ってから通気性のいい場所で保管しましょう。

時計かぶれの対策

金属アレルギーがあるからといって時計をしないのは不便です。またオシャレとしても時計を身に着けたいもの。時計かぶれをしないためには、どのような対策があるでしょうか?

どの金属アレルギーかを知る

金属アレルギーを引き起こしやすのはステンレススティールですが、必ずしもその素材が原因とは限りません。また原因となる金属は1種類ではないかもしれません。金属アレルギー対策としては、まず自分がどの金属に対してアレルギーを起こすのかを知っておく必要があります。その方法がパッチテストです。

パッチテストとは、アレルギー反応のリスクがある金属を含んだ試薬を背中に塗布し、アレルギーが出るかどうかをチェックする方法です。アルミニウム、コバルト、スズ、パラジウム、マンガン、インジウム、クロム、ニッケル、金、銀、銅、白金、亜鉛、鉄、水銀などについて検査をすることが可能です。

金属素材を交換する

パッチテストなどで自分が持っているアレルゲンが分かれば、その素材を使っていない時計をすることができます。ステンレスには多くのアレルゲンが含まれていて、アレルギー反応を起こしやすいです。シルバーやチタン素材などは、アレルギーを起こしにくいです。金属アレルギーを持っている人は、そういった素材の時計をしましょう。

金属アレルギーを起こしやすいのは、水銀、ニッケル、コバルト、クロム、銅、スズ、パラジウム、白金・プラチナ、亜鉛、金、カドミウム、マンガン、アンチモンなどです。現在、金属アレルギーを起こしていなくても、使用頻度が高ければ、将来アレルギーを起こす可能性もあります。それを避けるためにも、アレルギーを起こしやすい素材よりもそうでない素材のものを選ぶといいでしょう。

バンドの調整

金属アレルギーは汗をかくことで起こります。そこで時計と腕の隙間を開けることで、通気性をよくしましょう。汗をかきにくくするとともに、汗と金属が触れるのを少なくすることが対策方法です。時計バンドはゆるめに調整してください。

また、長そでの服やサポーターの上から時計をすれば、アレルギー対策になります。汗を通しにくい服を選ぶことが大事です。

さらに、肌に保護液を塗るという方法もあります。保護液を時計の裏蓋やブレスレット部分に塗ることで、金属が肌に直接触れるのを防いでくれます。

専門店に依頼するメリット

時計の専門店であれば、修理においてさまざまなメリットがあります。どのような点がメリットかを紹介しましょう。

あらゆる時計の修理知識と技術がある

専門店は実績があり、経験豊富で信頼のおける職人が修理をしています。どのような時計においても知識や経験があるので、安心して任せられるでしょう。メンテナンスもていねいなうえに時計に関するさまざまな知識も豊富で、時計のトラブルを未然に防ぐためのコツや注意点などをアドバイスが可能です。金属に関する知識も豊富で、金属アレルギーに関する悩みも相談にも乗れます。

良質なパーツ交換が可能

さまざまな純正部品をストックしてあり、海外ルートが充実していることも多いので良質なパーツを用意しています。さらに、ジェネリックパーツなどを利用し、要望に対応できるシステムを整えていることが強みです。金属アレルギーで悩んでいる場合、パーツの交換がスムーズな対策でしょう。

格安な修理が可能

交換の必要なパーツをしっかり確認し、交換するパーツを絞って交換します。さらに中間マージンが発生しない、などといった理由でリーズナブルな修理ができるのも専門店のメリットです。もちろん低価格でも、経験も知識も豊富な技術者、高い水準の設備があり、高品質な修理を行います。格安価格で修理できる理由は専門店が直接引き受けているからです。

金属アレルギーは誰でもなりうる疾患です。

今の時点では肌が弱くなくても、突然金属アレルギーを発症することもあります。金属アレルギーが発症してしまった場合は、原因となる金属を使用していない時計を身に着けるようにしてください。専門店であれば、そういった金属アレルギーを含む時計の悩みやトラブルに関して、適切なアドバイスができます。知識も豊富で修理技術も高く、さらにリーズナブルな価格で修理やパーツの交換ができる点がメリットです。時計の修理職人リパラトーレは、専門店として時計かぶれにお悩みのお客様からの相談も承りました。時計の修理を含め、腕時計のかぶれ対策を相談するメリットもあるので、ぜひご相談ください。

ロレックスのオーバーホールを安心・リーズナブルに済ませる方法

eastend 2017年10月26日 木曜日 by eastend

どのような時計でも長く愛用していたいものです。特に高級でお気に入りのロレックスとなれば、長く使うことは持ち主の責任とも言えるのではないでしょうか。そこで重要なのが定期的なメンテナンスです。故障がなくてもオーバーホールを怠ると、腕時計の寿命を短くしてしまいます。ロレックスのオーバーホールの必要性やメリット、どこに依頼すればいいのかについて知っておきましょう。

ロレックスのオーバーホールの必要性

ロレックスのオーバーホールを怠るとパーツが消耗し、時計を長く愛用できません。そこで定期的なメンテナンスが必要なわけですが、どこに修理を依頼すればいいのかという点で悩むことも多いでしょう。ロレックスのメンテナンスをしてくれるのは、専門家とメーカーがあるからです。それぞれのメリットやリスクをご紹介します。

専門家以外の修理におけるリスク

ロレックスは精密機器です。そのため専門的知識がないところに修理に出すと、取り返しのつかないことになることもあります。ロレックスの修理費用は高額になりがちなので、低価格ですませたいと思い、安い業者に依頼したくなる気持ちも分かります。しかし、内容によってはかえって費用が高くついたり、壊れてしまったりすることもあるのです。専門家以外の修理は避けるか、評判などをしっかり確認して選びましょう。

安心して修理してもらうには、日本ロレックス公式修理業者に依頼する人も多いです。時間がかかるというデメリットはありますが、確実に修理をしてくれることと安心して任せることができます。

メーカーによる修理費用

ロレックスの修理における悩みといえば費用が高いことです。通常、メーカーでのオーバーホールにおいては最初から交換するパーツが決まっていて、程度によってパターンが決まっています。オーバーホールの依頼をされた以上、メーカーとしては修理後の不具合がないようにしたいので、交換の必要のないパーツまで交換することになり費用も高くなってしまうのです。

業者の中には、本当に交換が必要なパーツだけを交換し、メンテナンスをしてくれるところがあります。その場合、費用も安く済むでしょう。

定期オーバーホールの必要性

オーバーホールとは定期的に時計を分解し、点検、修理、清掃を行うことです。ていねいに分解し、ムーブメントの各部品を専用の溶剤で超音波洗浄を実施。部品をチェックし、交換が必要なパーツを交換します。さらに部品の摩擦や摩耗を最小限に抑えるため、高品質な潤滑油を注油。高い精度をキープする作業をするのです。

また、テンプという心臓部分を調整し、専用の計測機器で計測をします。正確さを出すため、数日間かけて計測検査を実施するのです。ケースやブレスレットも点検します。消耗している部分や傷ついた部品を交換したら技術者が洗浄・研磨し、ていねいにケースを組み立て防水性も検査。ケース内のわずかな水分もチェックします。

このような精密な検査と修理をするのがオーバーホールです。オーバーホールをすることで、古い油を取り除き新しい油を注油するという腕時計に必要不可欠な作業が含まれ、それが時計の寿命を長くしてくれるのです。

オーバーホールをしないと、ムーブメント内の油が汚れ、粘りが出たり、揮発してしまったりするかもしれません。そのせいでパーツが摩耗し、交換に費用がかかることもあります。そのようなことを避けるためにも、定期的なオーバーホールが大切です。

専門店に依頼するメリット

専門店はロレックスに関する知識も豊富で技術も高いです。安心して任せられると思います。さらに、臨機応変に対応できる項目も多く、リーズナブルな価格で修理をしてもらえるというメリットがあります。

中間マージンの省略により、コストを削減

専門店によっては高額になりがちなオーバーホールの費用ですが、専門店次第では安いケースもあります。そのせいで不安になってしまうこともあるでしょう。しかし技術が未熟だから、パーツに費用をかけていないから、などといった理由で費用が安くなっているわけではありません。中間マージンが発生しないため、コスト削減ができるのです。

メーカー同等レベルでのパーツ交換が可能

専門店は海外とのネットワークが豊富でパーツを仕入れることが可能です。メーカー同等レベルの価格で修理をすることができます。必要のないパーツは交換しないので、部品交換の手間と費用の削減も可能。さらに、工房がありさまざまなブランドを修理しているので、部品を手配することができるといったメリットがあります。

現在ではロレックスなどの消耗部品など、メンテナンスに必要なパーツは入手困難になっているケースが多いです。そのため、部品が高額になっていたり、納期が長くなったりしています。その対策として、アンティーク時計など、お客様から了承をしてもらい純正品と同等以上の性能を持つジェネリックパーツを使用。使用範囲を広げることで、入手困難な部品も用意でき、メンテナンスもできるようにしています。もちろん基準を設け、それをクリアした代替部品をジェネリックパーツとして使用しています。

古い時計でも修理可能

メンテナンスや修理においては部品が入手できない、という問題がついてまわります。最悪の場合、修理不可能になることも。特に古い時計は部品が確保できないことも多いものです。そこでジェネリックパーツを使用することで、古い時計でもパーツを用意することができ、修理も可能になります。お客様から了承をいただいてから使用するという形をとっているので、安心してメンテナンスを依頼することができるでしょう。

オーバーホールを依頼するポイント

ロレックスのオーバーホールを依頼する際には、費用や納期、精密さなど、さまざまな点に注意が必要です。後悔しないためのポイントを整理しておきましょう。

実績豊富な技師&保証期間

安心して依頼するにはやはり高い技術のある業者にお願いしたいものです。その目安となるのが業者の実績。歴史のある業者はそれだけ経験もあり信頼もあります。実績がどの程度あるかといった点を確認しましょう。また、技術者が資格を持っているか、高水準の設備があるか、アフターサービスも確認してください。「どれくらいの保証期間があるか?」「どういった保証内容か?」をしっかり尋ねることが大事です。

修理費用の比較

安心してオーバーホールを依頼したいものですが、費用も問題になります。信頼できる業者はどのくらいの費用がかかるか、表示しているものです。詳細は見積りを取ってみないと分かりませんが、修理費用を比較してみましょう。費用が安いこともありますが納得できる理由があれば安心です。まずは費用を比較してみましょう。

修理見積り後に買取OK(キャンセル料不要)

見積りをした後、予算よりも修理費用が高い場合は代わりに買取をしてくれる業者もあります。修理不可の場合、買取をしてもらえればこんなにお得なことはありません。また、キャンセル料がかかるかどうかもチェックしましょう。

時計職人リパラトーレは、工房を持っていてオーバーホールの費用も低価格。

熟練の職人をそろえ、高い技術で修理をします。海外とのルートも確保されているので、部品も入手しやすい点も強みです。大事なロレックスの時計を預ける先に迷う方も多いでしょう。低価格かつ安心してお任せいただける技術力で対応します。もしロレックスの故障が気になるときはお気軽にお申し付けください。

instagram facebook 更新★

eastend 2017年10月26日 木曜日 by eastend

instagram facebook に記事をUPしています☺

イイネ!やフォローをお待ちしております♪

☆リパラトーレ fecebook☆↓

https://www.facebook.com/riparatore.jp/

★リパラトーレinstagram★ ↓
https://www.instagram.com/p/BXkKfpeBCeG/?taken-by=riparatore16

instagram facebook 更新★

eastend 2017年10月20日 金曜日 by eastend

instagram facebook に記事をUPしています☺

イイネ!やフォローをお待ちしております♪

☆リパラトーレ fecebook☆↓

https://www.facebook.com/riparatore.jp/

★リパラトーレinstagram★ ↓
https://www.instagram.com/p/BXkKfpeBCeG/?taken-by=riparatore16

BLOG更新

eastend 2017年10月17日 火曜日 by eastend

スタッフブログ更新しました!

👇 ぜひご覧ください(^o^)

http://eastend.co.jp/company/staff/category/staff_blog

BLOG更新

eastend 2017年10月16日 月曜日 by eastend

スタッフブログ更新しました!

👇 ぜひご覧ください(^o^)

http://eastend.co.jp/company/staff/category/staff_blog

instagram facebook 更新★

eastend 2017年10月11日 水曜日 by eastend

instagram facebook に記事をUPしています☺

イイネ!やフォローをお待ちしております♪

☆リパラトーレ fecebook☆↓

https://www.facebook.com/riparatore.jp/

★リパラトーレinstagram★ ↓
https://www.instagram.com/p/BXkKfpeBCeG/?taken-by=riparatore16