時計修理・オーバーホール専門リパラトーレのお知らせ・TOPICS

  1. トップページ
  2. »
  3. Topics > 2017年 > 7月

2017年7月

GAGA5081.1 ガラス取付でのお預かり

eastend 2017年7月27日 木曜日 by eastend

ガラスが割れた状態でのお預かり。磁気がかなり入っており時間が合いません。

修理内容と致しましては、ガラス(代替)交換、磁気抜き、電池交換、

防水テストをし修理完了致しました。

¥15.000-(税抜) 納期約1週間半

※お値段や納期期間は部品代金や混雑具合により変動致しますのでご了承ください。

 

 

★リパラトーレinstagram★ ↓

http://www.thepicta.com/user/riparatore16/3314628729

☆リパラトーレ fecebook☆↓

http://www.thepicta.com/user/riparatore16/3314628729

タグホイヤーリンク オーバーホール修理事例UP致しました。

eastend 2017年7月27日 木曜日 by eastend

タグホイヤーの修理事例をUP致しました。

タグホイヤー修理事例↓

https://eastend.co.jp/tagheuer/

 

 

 

 

 

 

 

★リパラトーレinstagram★ ↓

http://www.thepicta.com/user/riparatore16/3314628729

☆リパラトーレ fecebook☆↓

http://www.thepicta.com/user/riparatore16/3314628729

GAGA5010.6S スモールセコンド針外れ、不動でのお預かり

eastend 2017年7月26日 水曜日 by eastend

文字盤の足が折れています。

2番車、4番車もホゾが折れて2番車のホゾがツツカナに折れこんでいました。

リュウズと裏蓋のパッキン要交換状態。

修理内容と致しましては、オーバーホールをし、2番車、4番車、秒ホゾ抜き、干支足ロー付け、

リュウズと裏蓋のパッキン交換、防水テストをし修理完了致しました。

¥41.000- 約3週間半

※お値段や納期期間は部品代金や込み具合により変動致しますのでご了承ください。

 

★リパラトーレinstagram★ ↓

http://www.thepicta.com/user/riparatore16/3314628729

☆リパラトーレ fecebook☆↓

http://www.thepicta.com/user/riparatore16/3314628729

 

カルティエの修理事例UP致しました。

eastend 2017年7月26日 水曜日 by eastend

カルティエの修理事例UP致しました。

下記、URLよりご覧ください。↓

https://eastend.co.jp/cartier/

 

 

 

 

 

 

★リパラトーレinstagram★ ↓

http://www.thepicta.com/user/riparatore16/3314628729

☆リパラトーレ fecebook☆↓

http://www.thepicta.com/user/riparatore16/3314628729

 

修理とは違う?時計のオーバーホールの必要性

eastend 2017年7月26日 水曜日 by eastend

はじめに


皆さんが普段何気なく付けている時計。時間を確認するために付けている人やビジネスマンの最低限の身だしなみとして付けている人、洋服と合わせてファッションとして楽しむために付けている人など様々です。

その時計が故障した際は修理を依頼する、ということは当然皆さんが行うことですが、故障する前に行うオーバーホールについてご存知でしょうか?
オーバーホールは、時計をより永く使用していただくために必要不可欠なものなのです。ここでは、オーバーホールとは何なのか、その重要性についてお伝えします。

 

オーバーホールは修理とは違う

オーバーホールを修理と同じものとして考えている方がいますが、この二つは意味が違います。
修理の場合は明らかな故障部分を修理するだけにとどまりますが、オーバーホールは時計のメンテナンスや検査のことを意味します。定期的に時計を1度解体して時計内部をチェックすることで、時計に問題があるか分かり、修理が必要であるか判断することができるのです。

 

オーバーホールって必要なの?


時計の種類を大きく分けると、クォーツ時計と機械式時計があります。クォーツ時計は電池が動力で動く時計ですが、機械式時計はゼンマイが動力となって動きます。
クォーツ時計であれば電池交換の時にチェックもお願いできますが、機械式時計の場合はオーバーホールのタイミングがわからないという方もいるのではないでしょうか。

時計をできるだけ長く使いたいと思う人は多いでしょう。しかし毎日身につけるものであれば、そのうち不具合が起きるものです。不具合が起きると、直らない可能性も出てくるので、未然に防ぐためにもオーバーホールが必要となります。

オーバーホールとは、時計の検査をすることです。具体的には部品の洗浄や交換、注油などを行います。
検査をせずに時計を使い続けると、部品同士の摩擦から時計が壊れてしまうことがあります。しかし、オーバーホールを行い、部品と部品の間の油を入れ替えることで、部品同士の摩擦を無くして、潤滑に動くようにするのです。
また使い続けることで劣化してしまう防水パッキンなど、部品の交換も行います。そうすることで時計の防水性の低下を防ぐことができます。

今使っている時計をこれからも使い続けたいと思っている方は、定期的にオーバーホールをすることをおすすめします。

 

オーバーホールをするメリットとは?

金銭面や面倒くさいという理由で時計の検査を怠る方や、今の所問題なく動いているからまだ検査しなくていいと思っている方もいるでしょう。しかし、時計が壊れた後に修理に出すと、修理に高い費用がかかる、またはもう修理ができないといったことが起こり得ます。

オーバーホールをするメリットは、不具合が生じることがなく、快適に時計を使い続けることができる点です。オーバーホールを定期的に行うことで、時計が壊れる可能性を低くすることができます。見た感じ問題がないと思っていても、見えない所で不具合が生じていて、そこから壊れてしまうことがあります。目に見えない部分が壊れていないか確かめるには、定期的なメンテナンスが必要になってくるのです。

オーバーホールを行うか行わないかで、時計の寿命にも大きく関わってくるでしょう。

 

オーバーホールの頻度

時計のオーバーホールはどのくらいの頻度で行えばいいのでしょうか。定期的に行ったほうが良いものであるからこそ、検査にお金が多く掛かってしまうと不安になるでしょう。
しかし、毎月、毎年に1回メンテナンスに出す必要はありません。時計のオーバーホールの頻度としては、3~4年に1度検査に出すのが理想です。理由としては、部品を潤滑に動かすための油が3~4年で劣化していき、無くなってしまうからです。この油が無いと部品同士の摩擦が生じて、針の動きが遅くなるといった問題が起きます。そして、そこから部品にひびが入るといったことにもつながります。

また、防水パッキンも3~4年で交換なければいけません。防水パッキンは、温度や湿気によって弾力性を失い劣化していくものです。劣化すると防水性が低下するため、時計に水が入りやすくなってしまいます。これは部品の錆びの原因にもなり、故障につながる可能性もあります。そのため、3~4年を目安に防水パッキンを交換して、防水性の低下を防ぎましょう。

 

オーバーホールにかかる費用

オーバーホールが必要なのは、基本的に機械式時計です。そしてブランドの価値が高いものほど、オーバーホールにかかる費用は高くなっていきます。というのも、検査をして何も問題がなければオーバーホールの費用だけで済みます。しかし、部品を交換しないといけない場合や修理が必要な場合は、その分の費用がかかります。その修理代も価値が高いブランドほど部品の調達が困難となるため、値段が高くなってくるのです。
時計の修理にお金をかけないようにするためには、不具合が出る前にオーバーホールを行いましょう。

 

まとめ


時計は決して安い買い物ではありません。中には手にしたい時計があり、それを一生物として購入する方もいることでしょう。だからこそ、一度購入した時計は末永くいつまでも使用していきたいものです。
大事にしているつもりでも不具合は起きるものです。そんな時に修復不可能とならないよう、定期的なオーバーホールが欠かせないのです。大切な時計であるならば、オーバーホールを行うことをおすすめします。

カルティエの修理事例UP致しました。

eastend 2017年7月14日 金曜日 by eastend

カルティエの修理事例UP致しました。

下記、URLよりご覧ください。↓

https://eastend.co.jp/cartier/

 

 

 

 

 

 

★リパラトーレinstagram★ ↓

http://www.thepicta.com/user/riparatore16/3314628729

☆リパラトーレ fecebook☆↓

http://www.thepicta.com/user/riparatore16/3314628729

 

GAGA5010.09S 巻いても動かないでのお預かり

eastend 2017年7月13日 木曜日 by eastend

全舞切れで止まっていますが、文字盤の足も曲がっております。

巻芯の長さが短くリュウズ操作に不具合が生じます。

ケースパッキン×2が要交換状態。

修理内容と致しましては、オーバーホールをし、全舞、

巻芯、干支足のロー付け、ケースのパッキン、防水テストをし修理完了致しました。

¥41.000- 納期約3週間

※お値段や納期期間は部品代金や混雑具合により変動致しますのでご了承ください。

 

★リパラトーレinstagram★ ↓

http://www.thepicta.com/user/riparatore16/3314628729

☆リパラトーレ fecebook☆↓

http://www.thepicta.com/user/riparatore16/3314628729

 

タグホイヤーカレラのオーバーホールと仕上げ 修理事例UP致しました。

eastend 2017年7月13日 木曜日 by eastend

タグホイヤーの修理事例をUP致しました。

タグホイヤー修理事例↓

https://eastend.co.jp/tagheuer/

 

 

 

 

 

 

★リパラトーレinstagram★ ↓

http://www.thepicta.com/user/riparatore16/3314628729

☆リパラトーレ fecebook☆↓

http://www.thepicta.com/user/riparatore16/3314628729

GAGA5010.07S リュウズ芯折れ 文字盤ズレでのお預かり

eastend 2017年7月7日 金曜日 by eastend

巻芯がリュウズが折れ込んでいますが機械にもかなり強い力がかかった可能性があります。

地板にダメージがあるかもしれない状態でした。

文字盤の足が曲がっています。リュウズと裏蓋のパッキン要交換状態。

修理内容と致しましては、オーバーホールをし、折れ巻芯抜き取り、巻芯取付、文字盤の足修正、

2番ルビー、リュウズと裏蓋のパッキン交換、防水テストをし修理完了致しました。

¥34.000- 納期約3週間半

※お値段や納期期間は部品代金や込み具合により変動致しますのでご了承ください。