時計修理・オーバーホール専門リパラトーレのお知らせ・TOPICS

  1. トップページ
  2. »
  3. Topics > 2017年 > 4月

2017年4月

ハミルトン カーキオフィサー 文字盤回転 カレンダー振ると動くでお預かり

eastend 2017年4月21日 金曜日 by eastend

文字板の足が折れています。

油少なく汚れ大、要オーバーホール状態です。

リュウズ、裏蓋のパッキン要交換。ベルト穴あけご希望。

オーバーホールをし、2番車、減速車、干支足ロー付け、

リュウズ裏蓋パッキ要交換、皮ベルト角穴あけ2か所行い修理完了致しました。

¥37.000- +税

シャネルJ12AT 不動でのお預かり

eastend 2017年4月19日 水曜日 by eastend

自動巻受のネジが外れて引っ掛かっていて、機械が動かない様でした。

チューブ、裏蓋のパッキン要交換状態。

オーバーホールをし

チューブ、裏蓋のパッキンを交換し修理完了致しました。

シャネルの部品は非常に入手が難しい為、

内部精査の結果、対応が出来ない場合も御座います。(ATモデル)

GAGAのコピー品について

eastend 2017年4月18日 火曜日 by eastend

GAGAのコピー品が多く出回っていますね。

今回コピー品の見分け方をご紹介させて頂きます。

修理を出される前に一度お手元の御時計と見比べてみてください。

まず、有名なのはシリアルナンバー、Nの後に記載されていますナンバ-をご確認下さい。

N3626 これがコピー品で多く出回っております。

 

次にリューズですが、左がコピー品、右が本物です。

コピー品の方が平べったく薄い物が多いです。

本物は丸みを帯びている形がだいたいの仕様となります。

 

 

次は裏のスケルトンから見える機械の所です。

黄色で囲んでいる歯車が4番車になるのですが、

左コピー品は歯車のホゾ(ギザギザの部分)が大きく

本物はホゾ細かいです。

紫の囲んでいる緩急針の部品も構造が違いますね。

(GAGA初期の御時計に関しましては機械部に関しては色んな仕様が存在しますのでメーカーでも判断がつきにくいと言っていました。)

 

写真にはありませんが、数字のインデックスが印刷されているものや、ケース形状が薄い物、

手巻き時計や自動巻時計なのに裏蓋にQUATZ(電池)と記載されているものもあります。

まれにクオリティーの高いコピー品もあり内部の機械をばらしてみないとわからない場合もあります。

ネット販売でも写真だけ本物を引用していたり届くと写真と違う物が届いた等もありますので、お気を付けください。

※弊社ではコピー商品につきましては一切のメンテナンスをお断りさせて頂いております。
弊社受付時のチェックで真贋の判断がつかない様な精巧な商品に関しましては、そのままメンテナンス作業に入ってしまいます。
内部機械を精査する前(裏蓋を開ける前)に防水テストを致しますが、粗悪なコピー品の場合、稀にガラスが破損するケースが御座います。
ガラスの破損の際に文字盤を傷つけたり、針を破損させたり等、深刻なダメージになってしまうケースも御座います。
オリジナル品の場合は弊社責任で部品手配等対応出来ますが、コピー品の場合は、部品入手も出来ない為、
お預かり時の状態にする事も出来なくなります為、お預けしていただく前にご確認頂ければと思います。

パッキンの役割

eastend 2017年4月14日 金曜日 by eastend

パッキンは時計の防水性を保つために重要な部品です。

電池式の御時計で止まった場合電池交換だけいいだろうと思うのが殆どだと思います。

また防水性がある御時計に関しては電池交換の時に防水テストもして頂いた方が良いですね。

ちなみにパッキンは裏蓋やリュウズ、プッシュボタンに使われており、

パッキンが劣化すると防水性能が保てなくなり、内部に湿気や水分、汚れが侵入します。

さび付きや、動作不良、故障の原因にもなります。

水や汗が付着した場合は乾いた布でふき取ってください。

防水性の御時計に関しましては電池交換の際は一緒に防水テストしていただくようにオススメしております。

機械式の御時計に関しましても定期的にメンテナスをオススメ致します。

カルティエパシャ 定期オーバーホールでのお預かり

eastend 2017年4月13日 木曜日 by eastend

今回は故障での修理ではなく定期的なオーバーホールでのお預かりです。

油が切れて 汚れが多く見られました。

リュウズと裏蓋のパッキン要交換状態。

オーバーホールをし、4番車、リュウズと裏蓋のパッキン交換し修理完了致しました。¥24.000+税

定期的にオーバーホールされておりますので交換部品も少なく費用もお高くならずに修理が出来ました。

 

油が切れた状態でそのまま長期使用されますと内部に粉が吹き、部品も多数交換が必要となりますので

費用が高額になったり、もしくは修理が出来ない場合もあります。

御時計が悪くなる前に定期的なメンテナンスをオススメ致します。

GAGAパーツ入荷致しました。

eastend 2017年4月7日 金曜日 by eastend

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お待たせ致しました。

GAGAのパーツが入荷致しました。^^

ガラス、針、リュウズ、尾錠等あります★

全て純正品となっております。

毎回入荷後すぐに無くなってしまいます。

数に限りがございますのでお急ぎください。

在庫に関しましてはお気軽にお問い合わせください。

※コピー品の御時計の修理は御断りさせて頂いております。

ご了承下さい。

オメガスピードマスター 4時位置プッシュボタン紛失 オーバーホールでのお預かり

eastend 2017年4月5日 水曜日 by eastend

油が少なく汚れが見られました。ローターも機械に擦れて

4時位置のプッシュボタンが紛失している所から湿気が入り内部に曇りが出ています。

リュウズ、プッシュボタン、裏蓋のパッキン要交換状態。

ブレスの駒ピンが抜けそうな箇所1か所ありでした。

 

オーバーホールをし、切替車、バネ交換、ローター修正、

4時位置プッシュボタン(代替え)取付、駒ピンパイプ1組交換、

バネ棒2本交換、各パッキン交換、防水テストをし修理完了致しました。