メーカーメンテナンスとリパラトーレ金額の違い

2018年10月2日

メーカーメンテナンスとリパラトーレ金額の違い

メーカーでのオーバーホールでは最初から交換するパーツが決まっていて、程度によって数パターンの内容に分けられてしまいます。しかも一旦お預かりした以上不具合が発生する事は絶対に避けたいので、例えば、時間が狂うから歩度調整をして欲しいと依頼しても、ほとんどの場合、オー バーホールとセットの作業になってしまいます。勿論時計にとっては良い事ですが、昔の自動車のディーラー車検と同じで、まだまだ使えるパーツも交換対象と なっているケースが多々あったりします。勿論一番良いメンテナンス方法である事は間違いないと思いますが。

 

▼▼▼ 一方弊社では、ポイントが何点かあります。

 

交換の必要なパーツを吟味

一流の時計技師が内部状態を精査し、交換の必要なパーツを吟味します。これによりほとんどの場合交換パーツが絞られて結果リーズナブルなサービスが提供出来ます(勿論少しでも交換の必要性があれば見積もりにプラスされます(笑)
稀に弊社よりもメーカーコンプリートサービスの方が安い!なんて事が起こる場合がありますが、そんな場合はお客様にとっての最良を提供したいという理念によりメーカー修理をお勧めする場合もあります(弊社から依頼するケースもあります)

 

中間マージンは発生しません

弊社でお預かりする御時計は弊社契約工房で修理、メンテナンスしますので中間マージンは発生しません。そしてHP内にも記していますが、弊社契約工房の技術者は多数のメーカー修理を請け負っているので、クオリティーには自信をもっております。

 

全てのオーバーホール作業に1年間の長い保証

弊社は納期に余裕をもって頂くことでより確実、丁寧、ハイクオリティーを提供しております。お急ぎのお客様には勿論対応させて頂きますが、これも料金を抑える要因となっています。プラス厳密なランニングテスト期間を設けていますのでほぼ全てのオーバーホール作業に1年間の長い保証を付けさせていただけるのです。

 

格安料金でのオメガ修理オーバーホールのご提供

お客様に最善なオメガ修理オーバーホールを提供するために、最後は勿論弊社の利益率を下げる事です!特にオメガに関してはもう本当にギリギリです(笑)パーツ代金等は通常その単価(卸値)に対して販売価格を付けて加算していきますが弊社では損をしないだけのほぼ卸値で提供しています。たまに赤字の時もありますが(笑)

 

元々腕時計の輸入、卸業を生業と

弊社は元々腕時計の輸入、卸業を生業としております。リパラトーレ自体も弊社の取引業者様へのアフターサービスの一環としてスタートしております。 販売店様からエンドユーザー様に渡った大切な御時計がいつまでも快適に使って頂けるようにする事も弊社の大切な仕事の一つです。

 

最後に

オーバーホールなどのメンテナンス料金が 負担になり折角購入された御時計が本来の性能を発揮できない、止まってしまったけどメーカーに出すとすごく高いから放置している。メーカーにだしたけど受 け付けてもらえなかった等々沢山のお声をいただき、少しでもそんな声にお応えする事でユーザーの方に “良さ ”を知って頂く事が弊社の発展に繋がると考え リパラトーレ は存在しております。

時計修理、見積、買取

御見積の結果、ご予算より高い場合は、買取のご相談に応じます。

 

日本の中古時計は海外での評価が高く、高額買取いたします。また、時計の卸売業を展開しているため、下取りの上、卸価格にて販売することも可能です。
正式な修理お見積りご提示の際に買取のご相談承ります。
ご希望の場合は、買取金額提示希望にチェックして下さい。
コピー品、模造品のメンテナンスはお受け出来ません。

専門サイト

  • オメガ
  • ブルガリ
  • カルティエ
  • タグホイヤー
  • ガガミラノ
  • その他