トピックス

時計のトラブルを未然に防ぐ豆知識

2018年10月2日

時計のトラブルを未然に防ぐ豆知識

起こりえるトラブルを少しでも抑える為、ほんの少し気をつけていれば防げる注意点を紹介します。知っている方も多いと思いますが、案外見落としがちな事から。

 

時計の大敵 “湿気”について

まずは入らない様にする。簡単な事ですが案外勘違いしているのが「防水性能」についてです。100メートル防水(10気圧、10BAR、330FT)と言えば完全防水!そう思ってる方も多い様です。「だって100メートル潜っても大丈夫なんでしょ?」←これ良く聞きますが、残念ながら間違っています。

確かに止水に時計をそっと沈めて100メートルの深さで10気圧の圧力がかかっても浸水しません。そんな基準で作ってますから。問題は時計に当たる水圧です。因みにクロールをした時に手に掛かる水圧は12~14気圧と言われていたりします。水道の水、ホースから勢い良く出た水が直接時計に当たると、、、そんなこんなで100メートル(10気圧)防水とは完全な防水機能では有りません。ご理解頂いてご使用いただけばトラブルはかなり防げると思います。因みに完全防水(ダイバーウオッチ)とは300メートル(30気圧)程度の防水性能は有していて欲しいところです。

続きになりますが、湿気が入る原因には浸水以外に、時計内部にある空気温度と外気温度の差によって生じる結露、曇り が有ります。これは中々厄介で、近年目立つ様になってきました40mm以上の大型ケースの御時計に多く見られるような印象があります。大きなケース内には沢山空気が有り、外気との温度差の影響をより受けやすいと考えます。

乾燥した気候のヨーロッパが主な生産地ですので、湿度の多いアジアとは時計を取り巻く環境自体にかなり違いがあります。特に梅雨時期や夏、冬の室内と屋外の温度差の激しい時期は外出先、野外で竜頭の操作を控えましょう。それでも曇ってしまった時はすぐに修理屋さんへ!

機械部の油が切れていたりすると直ぐに錆が発生して大きなダメージに繋がる恐れがあります。逆に、しっかり油がまわってコンディションの保たれている時計は錆の発生を遅らせたり、ダメージを最小限に抑える効果も期待出来ます。余談になりますが、針や文字盤の劣化速度は湿気の有無によって大幅に変わってきます。中古で時計を購入される際はメッキの浮きや文字盤縁にシミが出ていたりするものはケース本体や機械にダメージが有るかも知れませんので十分にご確認を。

 

竜頭操作のトラブルについて

カレンダー機能の付いている機械式の時計には、竜頭操作によるカレンダー送りを「行ってはいけない」時間帯が有るのをご存知でしょうか?該当モデルの取扱い説明書には必ず記載されていますが、サラッと目立たなかったり、そもそも読まれない方も多い為、案外知られていないのかな?と思いましたので、知ってる方には今更ですが、少し付言致します。

機械により開始時間と終了時間は若干異なりますが、日付けを切り替える為にカレンダー車が噛みだし、日付を変え、動作が終了するまでの時間帯に竜頭操作で日送り(カレンダー操作)をすると噛みだしているギアに余計な力が掛かり、故障の原因になる事が有る為、おおよそ20時~3時の間の操作はしないで下さい!と言うものです。これはロレックス等のデイトジャスト機能の付いた時計でも同じです。因みにまたまた余談ですが、デイトジャストとは12時丁度に日付けが変わる機能では無く、切り替わりが一瞬で行われる機能です。

お勧めの操作方法としては、カレンダーを送りたい時は、竜頭を針回しの所まで引き出し、長針、短針共に6時位置(6時半あたり)に一旦動かし、改めてカレンダー送りを行うのが良いと思います。1日程度でしたらそのまま針を回して日付けを変えるのが手っ取り早いですが。

 

極端に進むトラブルについて

時間が遅れる、止まる場合は様々な原因が考えられますが 極端に進む 場合は原因としては ヒゲゼンマイの絡み と 磁気入り の場合が非常に多いと感じます。しかもこのトラブルは気をつけてご使用頂ければ、かなり防げる症状なのです。ですが、日常生活の中で起る事ですから気をつけていないと、再発する可能性も高いトラブルでもあります。

まずは ヒゲゼンマイの絡み についてですが、ヒゲゼンマイとは専門的な説明は割愛しますが、簡単に言うと、時間が正確に進む為に動いている細く小さなゼンマイ。となります。このゼンマイが規則正しく収縮する事が重要なのですが、何かの拍子にこのゼンマイが一部変形してしまう。。のが ヒゲゼンマイの絡みです。絡んでは無い事が多いんですが(笑)

何故起きるのかと言いますと、多くは収縮中のゼンマイが伸びている状態の時に何らかの衝撃が加わった時に起こり易いと言われています。落としたり、ぶつけたりは勿論ですが、ゴルフやテニスでダフッたり、自転車で段差を超える衝撃でも、タイミングによっては起こってしまいます。かなりのスピードで収縮していますので、ほんの僅かな、影響を受けやすいタイミングにショックが加わる、、中々の偶然ですが続けて起こる可能性も0では有りません。

そこで、予防策ですが、これはもう「そんな時は使わない、着けない」が一番です。どうしてもご使用になられるなら、絶対スイートスポット(芯)を外さないで下さい(笑)。確かに起こり易い構造やモデルは存在しますが、どの御時計でも起こりえます。特にメンテナンス終了後すぐにこれが起こると、凄く怒られます(>_<)ショックなんか覚えが無いってそれはもの凄く怒られた事もあります。すいません、、愚痴になってしまいました。

 

次は磁気入りについてです。
先のヒゲゼンマイのお話は機械式の御時計限定のお話ですが、磁気入りは全ての駆動方式で起こりえます。症状の出かたとして、機械式は進みとして、電池式は少し止まる事が多いので、結果遅れてしまう症状が多い様です。これも再発性の高い症状です。

テレビやパソコン、冷蔵庫に携帯電話等、、上げればきりがない程、影響を受ける電化製品に囲まれて生活をしていますので、気をつけましょう!と言うのは簡単ですが、実際にはそれらを完全に遠ざける事は不可能です。ですので、多少の磁気の影響は殆どの時計が受けています。その中で、時間が狂ったり止まる程の症状になるのは、「保管場所」が原因の場合が多いと考えます。こればかりはどこで影響を受けるか、どの機器が原因か特定は難しいですし、折角 磁気抜きを施しても生活環境が変わらない限り再発の可能性が高い。ですので、少なくとも「保管場所に気をつける」意識をする事が大事かと思います。

時計修理、オーバーホール部品について(純正部品/ジェネリックパーツ)

2018年10月2日

時計修理、オーバーホール部品について(純正部品/ジェネリックパーツ)

交換部品についてよくご質問頂く「交換部品は純正品ですか?」についてお話させて頂きます。弊社ではオメガを中心に色んなメーカーの純正部品をストックしておりますし、手配して入手出来る物もヨーロッパも含めて多数ございます。

しかしながら、当然全てのメーカーをカバー出来るわけでは有りませんし、手配したくても入手出来ないメーカーも存在します。通常純正部品とは、お預かりしたメーカーがそのモデル用に出している部品。となりますが、実はそんな部品は中々一般には出回りませんし、出回ったとしても入手出来る価格が異常に 高い、なんて事も多いのです。

マニファクチュール(完全自社生産メーカー)を除き、ムーヴメントを供給している会社は数社しか存在しません。(ムーヴメントだけを生産している所 と、ブランドを持っていて他社にムーヴメントを供給している場合も有ります)各社そのムーヴメントをカスタムして(またはカスタムを依頼して)独自のモデ ルとして発表しています。カスタムの方向も様々で、精度向上を目的にした物、見た目を豪華にするギョーシェ(彫刻)を施したり、ブランドロゴを入れるだけ の物等様々です。

話を戻しますが、我々修理業者が純正部品として使用している部品は、メーカーが出している部品では無く、その元となるムーヴメントを供給している会 社の部品の場合が多いのです。当然各社がカスタムする前のベースムーヴメントですので、各社独自、オリジナル部分の部品は入手出来ない場合が多く、弊社で も以前からオリジナル部品の入手は出来ない為、交換が必要な部品がオリジナル部分にかかると、対応出来ない可能性が高くなりますと、お断りしてお預かりをしておりました。

逆に言うと、オリジナル部品以外は入手が出来ていたと言う事なのですが、昨今業界内で起きている、グループへの買収(ブランド、ムーブメント供給会 社含め)によりそのグループ内のブランドの為にムーヴメントを供給する。他のグループや市場には部品を出さない。そんな流れが出来てしまっている影響によ り、今まで入手出来ていた物が入ってこない、値段が高騰している。特に消耗部品以外の受けやベース等、通常のオーバーホールでは、あまり交換の必要が無い 部品が、現在ほぼ入手が出来ない為、ダメージの大きな御時計のメンテナンス対応が難しくなってきています。

そんな流れもあり、ジェネリックパーツについてですが、代替品と何が違うの?偽物、間に合わせって事?ぶっちゃけ純正部品以外を使用するのは望ましくないと考えています。アンティークや、メーカーサポートの終わったモデル等をメンテナンスするには部品作成や代替品の使用も必要になりますが、現行部品 の流通しているモデルでは、やはり純正対応がベストな事は事実です。

「部品について」でも述べた様に、消耗部品に至るまで供給側の方針変更により入手が難しい。そんな現状に対応すべく、部品卸業者同士の在庫共有や、 そのリストの作成等、対応出来る範囲を狭めず、尚且つメンテナンス料金を維持する努力を行っております。ですが、今のままでは現在持っているものが無くな れば終わり。の状況を変える事は出来ません、、勿論全ての部品に当てはまる事では有りませんが、対応出来ない御時計が増えていたり、部品入手にお時間を頂 いたり、何より金額面でユーザー様にご負担をおかけするケースが多くなってしまい、対応策を模索する中で、開発、使用に踏み切る判断をしたのがジェネリックパーツです。

前置きが長くなりましたが、弊社がジェネリックパーツと言っている“代替品”には基準が有り、弊社の基準をクリアした部品のみを総称してジェネリックパーツとしてユーザー様と相談の上、使用するものです。代替品は昔から、特定のブランド用に存在していましたし、前に書いた様に、既に部品が無い御時計 には重宝していました。しかしながら、品質面では基準が無く、ただ安価な物から純正部品同等の性能の物まで様々な物が混在している状態です。

仮に粗悪な代替部品を使用すると、その部品が壊れるだけではなく、周辺にまで悪影響を及ぼす可能性もあったり、防水性能に関係の有る部品では、最悪 の場合御時計自体を壊す可能性さえ有ります。そんな中で「純正部品と同等、若しくはそれ以上の品質の物」を基準に弊社内でテストを繰り返し、共同開発を し、現在数点のパーツを認定して使用出来る状態となりました。これからもテストは繰り返して参りますが、残念ながらこの優れた部品も万能では有りません。

まず価格ですが、純正部品と比べてそれ程安く無い物も多く、金額を抑える目的と言うよりも対応出来る範囲を確保する為(勿論適正価格を保つ為に も)、もう一つ万能では無い理由ですが、メーカーによっては純正以外の部品を組み込んだ御時計はメンテナンスしない。そんなメーカーも未だ存在する為、また、次回メーカーメンテナンスに限らず、他の工房でメンテナンスした場合でも困らない。この基準を満たせない為、使用出来ない部品も有ります。いずれにし ても使用にはユーザー様の判断を仰ぎ、メリット、デメリットをお伝えしてご指示頂く事が大前提となります。

オーバーホールの修理期間について

2018年10月2日

オーバーホールの修理期間について

大切な時計を修理に出そうと考えているお客様は、出来るだけ早く、修理完了して手元に戻ってきてほしいと思われるでしょう。もちろん弊社でも、電池交換に関しましては、中2日程で完了しお戻しすることが出来ます。

 

修理の見積もり出しまで10日~14日
しかし、オーバーホールとなると話は変わってきます。弊社では、見積もり出しまで10日~14日、修理進行の指示を頂いてから約1カ月掛かります。そうなると1カ月半も時計を預けておくことになる!長い!とおっしゃる方もいらっしゃいます。

でもよく考えてみてください。オーバーホールはとても繊細な作業です。チリ一つさえ入ってはならない時計を分解して、不具合を見つけ修理するのです。そんな作業が何日かで完了してしまうでしょうか…早く出来上がれば、むしろちゃんと中まで見てくれたのか、掃除出来ているのか、時間が合うか確認したのか、不具合は全て見つけてくれたのか、等と不安になるでしょう。

 

現在、時計の部品が入手しにくくなっています
まず見積もり出しに何故10日~14日掛かるかと申しますと、部品手配に関係してまいります。現在どんどんオメガ時計の修理部品が手に入りにくくなっていることによって、部品の手配が海外中心になっています。

部品が無く修理不可という工房も多々あるでしょう。また、手配できた部品がお客様一つひとつの時計に合うか、合わせてみなければ分かりません。その時計に合う部品を取引している工房や仕入先から手配することに努めております。部品が無いことにより、お客様の思い入れのある時計が使えなくなってしまうことが出来るだけ無いように、少し期間を頂いて部品手配をしております。

 

時計の修理期間について

次に、修理期間に関してですが、上記にありますようにオーバーホールですと約1カ月掛かります。作業内容としましては、分解し修理、組み立て、ランニングテストとなっています。ただ修理するだけではなく、組み立てた段階で時計が正常に作動するか確認する為にランニングテストを行います。テストをしていく中で不具合が見つかることもあります。そうなるとまた原因を見つけて…と、そう考えると何日かで完成するはずが無いということになりますね。

また、弊社はメーカーと同等の基準で修理をしております。お預かりした時計一つひとつを精査しメーカー基準に近づけて修理進行するよう心掛けています。お客様が安心して時計を預けることが出来るようこれからも日々進歩していくつもりです。

 

時計のよくある故障

2018年10月2日

時計のよくある故障

気をつければ防げるトラブルについては別項でお話しますが、ここでは故障かな?となってしまった後に症状によって「どこが悪いのか?最悪どんなメンテナンスが必要か?」をある程度自己診断出来る様になって頂き、直ぐにメンテナンスが必要か?ほっておくとどんなリスクが有るか?脅す訳では有りませんが、目に見えない所で起っている不具合の可能性についてお話します。但し、あくまでも ある程度の予想 ですので、一番良いのは、異常があったら直ぐにメンテナンスに!ですが(笑)

 

まず、正確に時間を刻まない場合です。
徐々に狂いが大きくなってくる場合と、突然狂いだした場合では原因が異なるケースが多く見られます。徐々に特に遅れが目立ってきている場合は、内部の油切れや汚れが多くなってきている(オーバーホールの時期が近い事を教えてくれている)事が多いと思います。
ですので、機械部に関しては、この段階でオーバーホールをすれば比較的交換部品も少ない、いわゆる定期メンテナンスで済む事も多く、メンテナンスのタイミングとしてはベストだと考えます。反対に、突然狂いだす場合は、自然に起こる事は考えにくいので、何らかの原因が有る場合が殆どです。主な原因としては磁気入り、ヒゲゼンマイの絡み等が考えられます。他項と重複する部分ですので、簡単に済ましますが、磁気入りは磁気抜きにより元通りになります(軽い磁気入りなら、影響を受ける場所から暫く離していれば通常に戻る事も有ります)ヒゲゼンマイに関しては、部分修理も可能ですが、コンディションによってはオーバーホールを伴うメンテナンスとなります。

 

不動について(曇りについて含む)

これはもう様々な事が考えられます。上記の症状の後止まった場合は擦れ止まり、風防ガラス内側が曇り、その後止まったりすると、内部に錆が発生している恐れがあります。落としたり、ぶつけた拍子に止まる事もあります。既に使用出来ない状態ですので、メンテナンスは必須ですが、特に錆の恐れが有る場合は早急にメンテナンスが必要になります。少し曇ったけど、少ししたら曇りも取れたから大丈夫!これが一番ダメージが進行しやすい状況ですね。
電池式の御時計の場合、不動は電池切れの可能性が最も高いのですが、電池の切れた状態で電池を入れたまま長く置いておくと、思わぬダメージを受ける事が有ります。電力の無くなった電池内部の液体は変質して、金属を溶かす性質が強くなります。やがては電池本体を溶かし、御時計本体に漏れ出し、回路や機械部に深刻なダメージを及ぼす事になります。
特に、輸入時計の最初に入っている電池は国産では無い事が多い為、液漏れの危険は国産の電池を使用している物に比べ、非常に高くなります。電池式の御時計が止まり、直ぐに電池交換をしない場合は、電池自体を抜いておく事をお勧めします。まぁ、電池を抜く時に入れ替えれば良いので、常に動く状態にしておくのが一番ですね。

 

竜頭/プッシュボタン操作不良について

密閉された御時計の中で、唯一内部に繋がり、操作できる部分です。時間を進めたり、カレンダーを送ったり、ストップウオッチとして使ったり、とても便利な機能です。手巻きの御時計の場合は、ゼンマイの巻き上げも竜頭で行いますので、この部分の不具合は、即座に御時計が使えない状態に直結します。そして、トラブルの大半は使い方に起因する為、保証の出来ない部分でもあります。針回しはゆっくりと行ってください。カレンダー送りはゆっくりと、操作する時間帯も気をつけてください。引き出す際はそっと。プッシュボタンの押し込みは垂直にお願いします。ゼンマイの巻き上げは程々にして下さい(ゼンマイ切れ防止機能が無い御時計)等々、どれくらいの速さや強さなら大丈夫なの?って話になる部分ですし、再発して持ち込まれる事も多いのが、操作系のトラブルです。
そして、防水性能の高い御時計でも操作状況やご使用環境によっては湿気入り等のトラブルが起こり易い箇所でも有ります。
竜頭から湿気が入り、内部に錆が発生したり、部品が腐食して機能を損ない、竜頭が抜けてしまったり、操作不良を起こすと、単純な竜頭の取り付けだけでは無く、オーバーホールを伴うメンテナンスになる事も有りますし、竜頭自体の交換が必要なケースも出てきます。

 

プッシュボタンに多いのはボタン自体の紛失です。

構造上、確かに外れ易い物も有りますし、形状から、ぶつけたり、引っ掛けたりする事も多いパーツです。外装パーツは入手が難しい為、対応出来ない事も多く、対応に苦労する部分でも有ります。また、単純にカバーの取り付けだけご依頼頂く事も多いのですが、こちらもモデル、コンディションによっては、オーバーホールを伴う作業になる事も有ります。また、外観や操作に違和感が無い場合でも、防水性能が低下している事も有りますので、自己判断が一番難しく、自己判断が危険な箇所とも言えます。定期オーバーホール以外に、こまめなコンディションチェック(人間ですと健康診断ですね)が一番です。しっかりした修理工房でしたら、ムーヴメントの写真とデータ(内部状態、防水テスト結果、オーバーホールの必要時期等)を添えて御戻しするサービス(弊社ですと~¥4,000程度)が有るので有効にご利用頂ければ、却ってランニングコストを抑えられ、永く良い状態でご使用頂けるのではないかと思います。

 

最後に

結局ここまで読んで頂いても、自己判断は危険ですから、直ぐにメンテナンスに出しましょう!これに行きつくのですが、、、楽観的な推測は危険ですし、いざ見積もりを取ってみて想像以上の金額にショックを受ける事も有ると思います。でも逆に修理代が高いだろうからと悲観的推測をして、メンテナンス自体を遅らせ、結果、余計に症状をこじらせる。これが一番ご負担も増え、避けたい状況ですので、その為の知識として覚えて頂く事は大切だと思い書かせて頂きました。

メーカーメンテナンスとリパラトーレ金額の違い

2018年10月2日

メーカーメンテナンスとリパラトーレ金額の違い

メーカーでのオーバーホールでは最初から交換するパーツが決まっていて、程度によって数パターンの内容に分けられてしまいます。しかも一旦お預かりした以上不具合が発生する事は絶対に避けたいので、例えば、時間が狂うから歩度調整をして欲しいと依頼しても、ほとんどの場合、オー バーホールとセットの作業になってしまいます。勿論時計にとっては良い事ですが、昔の自動車のディーラー車検と同じで、まだまだ使えるパーツも交換対象と なっているケースが多々あったりします。勿論一番良いメンテナンス方法である事は間違いないと思いますが。

 

▼▼▼ 一方弊社では、ポイントが何点かあります。

 

交換の必要なパーツを吟味

一流の時計技師が内部状態を精査し、交換の必要なパーツを吟味します。これによりほとんどの場合交換パーツが絞られて結果リーズナブルなサービスが提供出来ます(勿論少しでも交換の必要性があれば見積もりにプラスされます(笑)
稀に弊社よりもメーカーコンプリートサービスの方が安い!なんて事が起こる場合がありますが、そんな場合はお客様にとっての最良を提供したいという理念によりメーカー修理をお勧めする場合もあります(弊社から依頼するケースもあります)

 

中間マージンは発生しません

弊社でお預かりする御時計は弊社契約工房で修理、メンテナンスしますので中間マージンは発生しません。そしてHP内にも記していますが、弊社契約工房の技術者は多数のメーカー修理を請け負っているので、クオリティーには自信をもっております。

 

全てのオーバーホール作業に1年間の長い保証

弊社は納期に余裕をもって頂くことでより確実、丁寧、ハイクオリティーを提供しております。お急ぎのお客様には勿論対応させて頂きますが、これも料金を抑える要因となっています。プラス厳密なランニングテスト期間を設けていますのでほぼ全てのオーバーホール作業に1年間の長い保証を付けさせていただけるのです。

 

格安料金でのオメガ修理オーバーホールのご提供

お客様に最善なオメガ修理オーバーホールを提供するために、最後は勿論弊社の利益率を下げる事です!特にオメガに関してはもう本当にギリギリです(笑)パーツ代金等は通常その単価(卸値)に対して販売価格を付けて加算していきますが弊社では損をしないだけのほぼ卸値で提供しています。たまに赤字の時もありますが(笑)

 

元々腕時計の輸入、卸業を生業と

弊社は元々腕時計の輸入、卸業を生業としております。リパラトーレ自体も弊社の取引業者様へのアフターサービスの一環としてスタートしております。 販売店様からエンドユーザー様に渡った大切な御時計がいつまでも快適に使って頂けるようにする事も弊社の大切な仕事の一つです。

 

最後に

オーバーホールなどのメンテナンス料金が 負担になり折角購入された御時計が本来の性能を発揮できない、止まってしまったけどメーカーに出すとすごく高いから放置している。メーカーにだしたけど受 け付けてもらえなかった等々沢山のお声をいただき、少しでもそんな声にお応えする事でユーザーの方に “良さ ”を知って頂く事が弊社の発展に繋がると考え リパラトーレ は存在しております。

時計のガラス交換 大阪・東京窓口で受付中

2018年9月15日

時計修理職人リパラトーレでは、時計のガラス交換には自信があります。時計のガラス交換を行う職人技術をお試しください。

大阪窓口、東京窓口の営業時間内でしたら予約なしでいつでも受付対応をさせて頂いております。

 

<大阪窓口>
〒541-0057
大阪市中央区北久宝寺町1-9-1 セントピア大阪ビル7F
修理センター直通:0120-611-033

<東京窓口>
〒110-0016
東京都台東区台東2-26-6 稲垣ビル4F
TEL:03-5816-1234

 

 

▼時計ガラス交換の料金について下記事例を参照ください

オメガ(OMEGA)スピードマスター ガラス修理 風防交換とプッシュボタン外れでのお預かり

オメガ(OMEGA)スピードマスター ガラス交換修理 不動 風防交換でのお預かり

タグホイヤー(tagheuer)カレラ ガラス割れでのお預かり

ガガミラノGAGA5010.2 ガラス割れでお預かり

ガガミラノGAGA5011.10S インデックス(数字)外れとガラス交換でのお預かり

ガガミラノGAGA5062.01S ガラス交換修理 文字盤が回転でのお預かり

ガガミラノGAGAリミテッドエディション ガラス割れでのお預かり

ガガミラノGAGA6054.4 ガラス割れでクロノ針取れ1か所でのお預かり

ガガミラノGAGA 5010.12S  ガラス交換修理 リュウズ外れ、文字盤回転

時計研磨,新品仕上げ 大阪・東京で受付中

2018年9月15日

時計修理職人リパラトーレでは、新品仕上げのクオリティーには自信があります。新品仕上げ(磨き)を行う職人技術をお試しください。

大阪窓口、東京窓口の営業時間内でしたら予約なしでいつでも受付対応をさせて頂いております。

 

<大阪窓口>
〒541-0057
大阪市中央区北久宝寺町1-9-1 セントピア大阪ビル7F
修理センター直通:0120-611-033

<東京窓口>
〒110-0016
東京都台東区台東2-26-6 稲垣ビル4F
TEL:03-5816-1234

 

▼時計研磨,新品仕上げの料金について下記事例を参照ください

オメガ(OMEGA)シーマスター 落下後長針緩み、研磨仕上げ

タグホイヤー(tagheuer)カレラ 内部ネジ外れて不動、研磨仕上げでのお預かり

タグホイヤー(tagheuer)プロフェッショナル ベゼル墨入れ、電池交換、仕上げでのお預かり

タグホイヤー(tagheuer)リンク すぐ止まる、中留緩いでのお預かり

ロレックス(ROLEX)サブマリーナ 不動、バックル緩いでのお預かり

ロレックス(ROLEX)OPDJ リュウズ捻じ込み不良でのお預かり 

ロレックス(ROLEX)OPエクスプローラーⅡ リュウズ外れでのお預かり

ロレックス(ROLEX)OPデイトジャスト 定期オーバーホールでのお預かり

ロレックス(ROLEX)デイトジャスト オーバーホール 研磨仕上げ 不動でのお預かり

ヴァシェロンコンスタンタン オーバーホール 研磨仕上げ 巻いてもすぐ止まるでのお預かり

instagram facebook  7月10日更新★

2018年7月10日

instagram facebook に記事をUPしています☺

イイネ!やフォローをお待ちしております♪

☆リパラトーレ fecebook☆↓

https://www.facebook.com/riparatore.jp/

★リパラトーレinstagram★ ↓
https://www.instagram.com/p/BXkKfpeBCeG/?taken-by=riparatore1

instagram facebook 7月6日更新★

2018年7月6日

instagram facebook に記事をUPしています☺

イイネ!やフォローをお待ちしております♪

☆リパラトーレ fecebook☆↓

https://www.facebook.com/riparatore.jp/

★リパラトーレinstagram★ ↓
https://www.instagram.com/p/BXkKfpeBCeG/?taken-by=riparatore1

instagram facebook 7月3日更新★

2018年7月3日

instagram facebook に記事をUPしています☺

イイネ!やフォローをお待ちしております♪

☆リパラトーレ fecebook☆↓

https://www.facebook.com/riparatore.jp/

★リパラトーレinstagram★ ↓
https://www.instagram.com/p/BXkKfpeBCeG/?taken-by=riparatore1

時計修理、見積、買取

御見積の結果、ご予算より高い場合は、買取のご相談に応じます。

 

日本の中古時計は海外での評価が高く、高額買取いたします。また、時計の卸売業を展開しているため、下取りの上、卸価格にて販売することも可能です。
正式な修理お見積りご提示の際に買取のご相談承ります。
ご希望の場合は、買取金額提示希望にチェックして下さい。
コピー品、模造品のメンテナンスはお受け出来ません。

専門サイト

  • オメガ
  • ブルガリ
  • カルティエ
  • タグホイヤー
  • ガガミラノ
  • その他