CONCEPT
商品紹介

IRONROCKを取り付けた、貴方のスノーボードは綺麗で澱みないアーチを描き、本来のフレックスを最大限発揮します。
これはあらゆるカテゴリーのレースにおいて正確にターンする為の重要な要素です。

ロク・マルグッチ
ロク・マルグッチ

ALLFLEXプレートの開発者の一人で世界選手権金メダリスト、現役ワールドカップレーサーであるロク マルグッチによるプロダクト。
今なお評価の高い初期型をベースにブラッシュアップを行い、あらゆるレベルのアルパインボーダーが望むストレスのないボードベント、扱い易さ、不快な振動の制御、ボードの走りを非常に完成されたレベルで提供します。

厳選された素材(18~19モデルは更に材料変更を行い形状復元力が増すとともにプレート自体の粘り強さを生み出しています)、非常に高精度な切削、成形、トーションを残すリブ形状で新たに設計したIRONROCKレースプレートは適正体重の設定が無い為、3種類のフレックスから、用途、好み、ボードとの相性によって自由に選んで頂けます。
また、適正化されたキャンバーアーチは殆どのメーカーのボードと相性が良く、不必要なセンター部の隙間が無く取り付けられます。これはレスポンス向上のみならず、雪噛み等のトラブルも防いでくれます。
プレートの天板部にはボードへの取り付け穴以外にも全ての可動パーツの取り付け部が集中しています。これはストレスの掛かる部分に余分な加工をしない様にする事で破損を防ぐ為の設計です。

このタイプのプレートを始めて使われる方は勿論、他のプレートからの乗り換えをされる国内トッププロも多数(野藤優貴プロを始め、女子選手、テクニカルのトップライダーの方に使用を前提にテストいただいています)。扱い易さと性能の両立が使用率の高さに繋がっていると考えます。

また、現在複数のボードメーカー様と弊社プレートとのセットでの販売をして頂いています。ワールドカップ、コンチネンタルレース、PSAレース、日本国内でのアマチュアレベルのレース、最近ではテクニカルの分野でもその性能が認められてきています。
一部の限られたレベルのライダーだけで無く、広く一般のアドバンスドボーダーやフリーランメインの方にも是非ご使用頂きたいと考えています。

ロク・マルグッチ

IMPRESSION
インプレッション

IRONROCK JAPAN   山本 肇

私自身はただのボードが大好きなアルペンボーダーですが、このプレートを本気で国内に広めたいと思った、皆さんに知って頂きたい性能についてのレポートです。
私の様な一般のスノーボーダーにも非常に有用なIRONROCKRACEPLATEに少しでも興味を持って頂ければ幸いです。

IRONROCK JAPAN 山本 肇

まず最初に驚くのはスケーティングの時です。
装着した前足を支点にキョロキョロするのが普通だと思いますが、IRONROCKを装着したボードはプレートを通じて前足に掛かる体重をボード全体に伝えてくれているのがしっかり伝わります。キャンバー機能の効果が体感出来る場面ですね。緩斜面なら普通に片足で滑れてしまいます(笑)

私はソフトフレックスをメインで使いますが、低速からほんの少し気を使ってあげれば、プレートレスのボードと変わらない操作感で滑り始めてくれます。
反面、ターンを始めると、安心感のあるグリップ感、ノーズから綺麗に撓んでくれる為、自分のボードが少し柔らかくすら感じる‘しっかり体重が乗せられている‘感覚、これは最小限のアクションで(動きに余裕を持って)谷のとらえから狙ったラインをトレース出来る事に直結しています。
加えて制振性+フレックスを妨げないまま適度にトーションを強化してくれるので、山周りでしっかりボードを立ててターンを仕上げてあげれば素晴らしい走りを体感出来ます。

本来、このタイプのプレートにはレース専用のイメージを強く持っていましたが、IRONROCKは明らかに違うイメージと可能性を与えてくれます。

私の感じた、このプレートの開発意図、一番の狙いはボードを無理なく綺麗にアーチさせる事。これに尽きると思います。
フローティングプレート以上に綺麗に撓み、VIST型の様な初動の安定感、剛性感を融合し、更に素材自体が持つ粘り、動きが軽い可動部、動きが出せる絶妙なサイズセッティングが、高性能で扱い易いと言う相反する特徴を併せ持つ、現在考えうる最良のパッケージングを実現していると考えています。

繰り返しになりますが、用途、レベルによって道具に対する印象は大きく変わると思います。
レースには必要でもフリーカーブには必要無い、その逆も有りますしテクニカル系の方の求める性能も他とは違うかも知れません。それでもIRONROCKプレートを自信をもって勧められるのはセミフローティングタイプでここまでボード本来のカーブ性能を引き出し、振動を抑え、限界域での挙動も解り易く、ボード全体に乗り手の意思を伝えてくれる。その殆どの目的が 狙った通りにターンする為 の性能だからです。
大げさかも知れませんが、全てのカーバーが満足してくれる可能性を持ったプレートだと本気で思っています(笑)

使いこなせるか?自分には早い?そんなお声も随分お聞きするので、18~19シーズンは、より多くの方に体験して頂ける様に何カ所かの常設施設での試乗を計画しています。
また、お陰様で色々なコンペティションの表彰台でIRONROCKが掲げられると確信できるライダー達に選んで頂いています。そちらもご期待下さい!

PRODUCTS
商品案内

IRONROCK JAPAN 青ロゴ=ソフト

青ロゴ=ソフト
3種類中最もトーションを使えるモデルです。コントロール性重視、最新のテスト結果では、硬めのレースボードとも相性が良く、扱い易さを犠牲にせずに振動制御、エッジグリップの向上が望めます。逆にプレート特有の走りを体感するには少しシビアなポジショニングが必要な印象です。

IRONROCK JAPAN 赤ロゴ=ミディアム

赤ロゴ=ミディアム
3種類中最もバランスの取れたモデルです。現時点での使用率も一番高く、剛性感とトーションの制御を高次元で両立しています。強いて言えば、低速時のターン導入時に少し慣れが必要ですが、取り付け幅さえ合えば、1台でSL、GS共に対応するオールラウンダーです。

IRONROCK JAPAN 黒ロゴ=ハード

黒ロゴ=ハード
3種類中最も硬く脚力のある方、スキッティング等のスライド系技術を多用される方、また、最新テストでは柔らか目のレースボードとの相性も良い様です。あえて柔らかいボードに、ミディアムかハードを合わせるライダーが増えています。

IRONROCK JAPAN カラーオプション

※カラーオプションについて(金、黒、青、赤)

現在、雪上テスト中ですが、アルマイト塗装の為、角や擦れる箇所の色剥げが起こります。
ご理解頂けるユーザー様のみ対応させて頂きます。

IRONROCK JAPAN サイズ
  flex length wide insert weight
narrow soft 730mm 175mm 148mm 2025g
  medium 730mm 175mm 148mm 2025g
  hard 730mm 175mm 148mm 2025g
normal soft 730mm 196mm 164mm 2190g
  medium 730mm 196mm 164mm 2190g
  hard 730mm 196mm 164mm 2190g

全モデル共通
日本販売定価 ¥210,000(税別) カラーオプションはプラス¥10,000(税別)
納期 8月31日オーダー分 11月初旬
シーズン中はストック分のみ対応可能ですが、基本的に完全オーダー制での受注生産品となります。

保証について
エンドユーザー様販売より1年間(Web上での登録制を採用、登録の無い物は保証対象外となります。
シリアルNOによる管理)通常使用による歪、曲り、反りは交換対応を原則としています。
但し、状態をIRONROCK JAPAN.で確認の上の対応となり、基本的に交換対応品納期は本国からの郵送納期に準じます。
他パーツ欠損については原則郵送にて国内にて対応予定です。
※プレート装着ボード本体の破損については、如何なる場合も保証対象にはなりませんのでご了承下さい。

お問い合わせ

ご質問はお近くのアルパインギア取扱店様もしくは、下記フォームよりお問い合わせください。

必須氏名
法人店舗名
必須メールアドレス
電話番号
ご用件